ひんやりした月曜の深夜に昔を思い出す

雲と森と台風
「スパゲッティ」のことを好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいるだろう。無関心な人だって。アナタが考える「研究家」はどうなんだろう?

熱中して吠える友達と霧

仲のいい子とお昼時に遊びに行こうと約束していた。
福岡駅のいつもの大きな画面の前。
早めについて待っていると、30分くらい遅刻すると連絡がきた。
この場所は合流地点なので、待っている人も時間が来ると去っていく。
スマートフォンで音楽を聴きながら、それを眺めていた。
それでも退屈なのでそばの喫茶店に入って、アイスティーを飲んでいた。
それから、友人が遅くなってごめんね!と言いながらきてくれた。
お昼どこに行く?と聞くと、パスタにしようと言った。
色々探してみたけれど、どこが良いのか探せなかった。

蒸し暑い仏滅の夜にビールを
いつも、家で個人的に行えるような仕事して、繁忙期に声がかかるとチームの仕事に出る。
そのひと月に何回が、最高にめんどく思えて仕方ない。
こんなに面倒なら引き受けるの辞めてしまおうなど。
一日が始まればやる気になるけれど、大勢の社員に囲まれて、チームで仕事をこなすのは難しい。
本気で友達に持ちかけると、気持ちは分かるけれど、などクスクス笑っていた。

控え目に踊る兄さんと霧

学生のころよりNHK教育テレビを視聴することがめっちゃ多くなった。
昔は、親や祖父母が見ていたら、NHK以外の番組が視聴したいのに考えていたが、ここ最近は、NHKが嫌ではない。
若者向きのものがとっても少ないと思っていたのだけども、近頃は、かたくない番組も多いと思う。
それと、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
そして、攻撃的でないもの番組や子供に悪い影響がとても少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる今は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえ大変攻撃的だと思える。
いつもぼこぼこにして終わりだから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

泣きながら大声を出す彼と飛行機雲
個人的に、好きなものや気になるものが存在すると思うが、それらを聞いてみるのが大好き。
友人に聞いてみたところ、金、パステルカラーの下着、母のことが好きで仕方ないとの事。
さらに、男性の血管の出た手首。
最後に、スペイン語のひびき。
私にはピントこない。
屋台のリンゴ飴、素肌の上に厚手のニット、軽い香水、声の低い男女が好きだと、伝えた。
全く理解不能だとの事だった。
まさにこれが、フェチという分野らしい。

天気の良い大安の午後に食事を

仕事で着用するジャケットを買いに来た。
コムサでモードとかフォーマルなお店もいいな〜と悩んだけれど109も良いと思う。
若くてはつらつとした女性向けのファッションビルで、ピタッとした製品が多い。
価格はテナントによって違いが出てくるが、大体はリーズナブル。
そこで、スーツを探していたが、小さめの物ばかり売られていた。
着用後、ちょっとはお洒落に見える気がする。
なかなか素敵なスーツ選びができて、とても満足感があった。

雲の無い仏滅の朝は椅子に座る
太宰の斜陽、ファンの私は、伊豆の安田屋旅館に足を運んだ。
一緒に太宰が割と好きな母。
こちら安田屋旅館は、太宰治が斜陽の章の一部を考えるために宿泊した海が見える旅館。
一歩歩くと、ギシギシと、聞こえる。
女将さんに見せてもらったのは、太宰が宿泊した2階の小さな部屋。
雪をかぶった富士山が半分、頭を出していた。
旅館前の海の中にはいけすが張ってあった。
このあたりは足を運んだ甲斐がありまくり。

湿気の多い日曜の夕方にお酒を

ゴールデンでよくみる司会者が引退発表するので、ニュースやらワイドショーでたんまり報道しているが、とてもすごいですね。
この次の日本の首相がどなたに決定するかという内容よりニュースでは順序が速かった。
どういった政治家が国の総理になっても変化しないと考えるのもすごくいますし、それより、某有名芸能人が芸能界を突然引退表明!!というほうが何かしら影響がでそうなんですかね。

控え目に大声を出す彼女と横殴りの雪
ネットニュースを毎日見るけど、紙の媒体を見るのもけっこう好きだった。
現在は、ただで閲覧できるネットニュースが多くあるので、新聞はもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間で多くの量の内容を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで見やすい点はある。
一般的な情報から関わりのある深いところまで調べやすいけれど、受けなさそうな内容も新聞は小さくてものせているから目に入るけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、アメリカのデフォルトになってしまうかもという話題が気になる。
債務不履行になるわけないと普通思うけれど、仮にそうなったら、他の国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

薄暗い日曜の夜明けは座ったままで

友人のボーイフレンドが会社で梅干しを売っているらしい。
博多に本社があり、台湾にショップもでき、和歌山に工場がある。
各都道府県に定期的に、数人で組んだメンバーでデモストレーションをするらしい。
飲みながら、梅干しの雑学を聞いていると、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!など言ったら、いただいたものがあると言いながら出してくれた。
このときに食べたこの梅干しが、人生で最高に美味しかった。
という事で、さっそく梅干しをオーダーしてしまった。

風の強い日曜の夜はひっそりと
北方謙三さんが書いた水滸伝の血が通っていて凛々しい作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、目立った作中人物が108人でてくるが、敵方、政府側の登場人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
人物に人間くさい弱さがうかんでくるのもプラスして、心がひかれる理由だ。
弱いなりに自分の目標とか未来の為に出来るだけ一生懸命なのが読みふけっていておもしろい。
読んでいておもしろい。
でありながら、心ひかれるキャラクターが不幸な目にあったり、夢がなくなっていく様子も心にひびくものがあるからはまる歴史小説だ。

◎メニュー

◎メニュー

Copyright (c) 2015 雲と森と台風 All rights reserved.